メニュー メニュー

鳳梨パイナップルケーキ

鳥取境港で見つけたパイナップルケーキ

PINEAPPLE CAKESTORY

 鳥取県境港市は、その名の通り古くから港町として栄えてきました。大陸貿易の拠点として台湾との交流も盛んに行われており、そんな中、お土産として持ち込まれた「パイナップルケーキ」を、私たちの地元境港でも日常的に食べたいと、見よう見まねで手造りし、地元カフェのメニューにしていたのが始まりでした。  ある時、ケーキ作りに取り掛かっていると、原料であるパイナップルが足りません。困ったパティシエは偶然手元にあった「梨」を加えてみることにしたそうです。鳥取といえば「二十世紀梨」が名産品。季節になればどこの家庭でも見かける定番なのです。すると、フレッシュで独特の甘みと優しさのある、思いもかけないオリジナルの味になり、台湾からの旅行者や留学生の方にご試食いただくと「美味しい、日本独自のパイナップルケーキだ」と大好評!。  この知る人ぞ知る境港の手造りパイナップルケーキを、これまた地元境港のケーキ職人さんの協力を得て生地や製法に改良を重ね「鳳梨(ほうり)」という商品名で発売することになりました。この「鳳梨」はパイナップルの漢名です。漢字に「梨」の文字が入っていますが、パイナップルと梨の相性の良さは、きっと偶然では無いのでしょう。よく見れば、鳥取の「鳥」の文字も……  本場台湾にも無い、鳥取だけのパイナップルケーキ。誕生です。

PRODUCE

鳥取県産の二十世紀梨と繊維質豊富な粗刻みのパイナップルでつくる特製ジャムとバターを
贅沢に使用した洋菓子タルト生地で包みました。
窯入れ窯出しは手作業で、ひとつひとつ心をこめて焼き上げた、自然な甘さ、
フレッシュな香りも高評価のスイーツ。